伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

 

丸みをつけ過ぎない&スペースを均等に

項目ごとに枠で囲ってまとまりをもたせることは、とてもいいことです。ただし、枠の付け方や枠の配置の仕方によって、見栄えが大きく変わります。

下の例を見てください。角丸四角で枠を作るととても優しい印象になりますが、角が丸すぎる枠はあまりカッコよくありません。おそらく、「四つ角のところで内側の文字と枠が接近してしまうこと」や「四つ角の外側に大きな空間が空いてしまうために、枠間の余白が不均一に感じること」が原因です。角丸の四角を使う場合は、角を丸めすぎないようにしましょう。右の例ぐらいが適切だと思います。もちろん、角の尖った四角ならこの心配はありません。

つづいて、配置の方法です。下の例のように、枠の配置が適当だと、余白が場所によって異なってしまい、印象が良くありません。近傍の枠と高さや左右を揃えるだけでなく、「余白が均一になるように」心がけましょう。そうすれば、まとまりのある印象になります。もちろん、カッコいいです。

dd

 

 

文字やオブジェクトに枠を付け過ぎない

上の項目でも述べたように、いくつかの文章や図を枠で囲うことで「まとまり」を表すことは悪いことではありません。また、小見出しを枠で囲って強調することも悪いことではありません。でも、どんなことでも度が過ぎるとよくないものです。なんでもかんでも枠で囲っていると、余白がなくなって全体として窮屈な印象になり、そのせいで本当に重要な区分けが曖昧になってしまいます。それは、下の例を見れば明らかです。

1

 

枠を付けるのは最低限にしましょう。「まとまり」を表現したいのであれば、枠に頼らず「余白」をうまく利用するとよくなります。また、枠を使うにしても、枠線に色をつけないほうがよいです。小見出しなどを強調したいのであれば、フォントの種類や色、大きさを変更しましょう。枠と同様に、仕切り線(罫線)もなるべく減らす努力をすべきです。

下が改善例ですが、すっきりして見やすくなっていると思います。なお、今回はポスターを例に解説しましたが、スライドやその他の資料でも全く同じことがいえます。

2

 

 

パターンを繰り返して統一感を出す

全体を通じて、同じようなパターンを繰り返し使うと、統一感が出ます。たとえば、タイトル部分の塗りや囲い、タイトルの横のイラスト、スライドの外枠を繰り返し使うということです。スライドを作るときに、こういった素材を準備し「同じ位置に繰り返し配置」することで、スライドの完成度が高くなります。毎ページ毎ページ違うデザインのスライドが出てくると、聞き手は知らぬ間に違和感を感じてしまい、内容に集中することができません。「繰り返す」というテクニックを使うことで、安定感のあるスライドを作ることができます。このような配慮により、聞き手は無意識のうちに安心し、内容に集中できるはずです。もちろん目立ち過ぎはよくありませんので、聞き手の気持ちになってデザインしましょう。下のスライドは、実践例です。

例

例2

 

 

 

inserted by FC2 system