伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

mi

 

スライドやポスター、レジュメなどの発表資料は、聞き手の理解を促進するツールであると同時に、情報を伝える発表者にとっても大きな手助けとなるものです。発表資料が見づらいと、聞き手は内容の理解に苦しみますし、発表者は説明に手間取ってしまいます。その結果、理解を手助けするはずの資料が、発表の邪魔になってしまうことがあります。したがって、発表者は、見た瞬間に状況や内容を把握できるような「見やすい」資料を作成しなければなりません。先述のように文字や段落を「読みやすく」するだけではなく、資料全体や個々の図、文字を「見やすく」することによっても、受け手の理解を促進することができます。  

ここでは、文字や図、資料全体の「レイアウト」「配色」に配慮したり、「図や図解」を作成することで、資料を「見やすく」する方法を説明します。それぞれの解説は下のリンクで見ることができます。

 

15432

 

inserted by FC2 system