伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

スライド

 

ここでは、具体的な例を挙げ、スライドを「読みやすく」「見やすく」するための改善法とその効果をBEFORE-AFTER形式で解説します。

 

例1

まずはやや抽象的な例です。すぐ下のスライドは、パワーポイントで初期設定のままで、箇条書きを作った例(クリックすると拡大します)です。すなわち、フォントはMSP ゴシックで、字間・行間・インデントの設定はなしといった具合です。見てのとおり、全体に読みにくく、太字もはっきりしません(MSPゴシックのため)。こういうスライドよく見かけますね。

前

問題点は、●字間が狭い、●行間が狭い、●箇条書き間のスペースが少ない(グループ化できていない)、●視認性・可読性の高いフォントではない、●2行目以降にインデントがない(ぶら下げになっていない)ということです。

下の例は、字間を拡げ、行間を拡げ、段落間隔を拡げ、フォントを判読性の高い「メイリオ」にし、インデントとぶら下げ幅の設定(段落設定)を変更したものです。初期設定のままの上の例と比べて、下の例の良い安さは誰が見ても一目瞭然です。(メイリオを使用すると文字が大きく見えますが、フォントサイズは変更していません)

後

テキストボックスの書式設定を少しだけ変更することで、読みやすさは大きく変わります。しかも、一度設定をすれば、テキストボックスを使いまわすことで、設定の手間を省くこともできます。初期設定のままテキストボックスを使うのはもうやめましょう。

 

例2

上の例にはどんな問題があるでしょうか?一番の問題は文字のサイズや太さに強弱がないことです。加えて、タイトルと箇条書き、箇条書きと図の位置が揃えられていないことも問題です。少し細かいことですが、行間が狭いこと、箇条書きにインデントがないことも読みにくさを生じさせる原因です。

 

上に挙げた問題点を修正してみました。タイトルがタイトルらしくなり、本文の中にも強弱ができたので、重要な部分に視線を誘導させやすくなったはずです。これでほとんど完成ですが、さらに良くするためには、箇条書きの記号を明確にすることや改行位置に気をつけることが必要です。

 

さて、これで随分と良くなりました。二つの箇条書きがあることが明確になりますし、単語の途中や意味にあるまとまりの途中での改行がなくなったので、単語がすんなりと入ってきます。これで受け手にやさしい資料の完成です。

 

例3

プレゼン用ではないかもしれませんが、PowerPointを使って上のような資料を作ることがあります。なんとなくごちゃごちゃした印象を受けますが、具体的な問題はどこにあるでしょうか?情報量が多すぎることは、この際問題ではありません。情報量が多いときにどうするかを考えることにします。上の資料の一番の問題は、囲いが多すぎることです。多いだけではなく、枠線があるとさらに煩雑な印象を与えます。さらに、行間が狭いことはPowerPointに常につきまとう問題です。四角と楕円を組み合わせることも良くないです。本文の文字が太すぎることと全体に余白がないことも窮屈さの原因です。

 

このように改善してみました。上で上げた問題以外に、以下のことをしました。まず、矢印を目立ち過ぎないようにしました。ついで、背景色と文字色にコトンラストをつけるために、白い文字(緑色の背景の上)を使いました。各段落のはじめにある余計なインデントも全て削除しています。いかがでしょうか。情報量が多くても窮屈でない資料を作ることができるはずです。
●画像をクリックすると拡大します。

 

例4

次にもう少し具体的な例を見てみます。すぐ下のスライドは、文章や単語や箇条書きがただ貼りつけてあるだけの手抜きスライドであり、受け手への配慮が感じられません。じっくり読めば理解できますが、これでは、短時間にかつ正確に情報を受け取るのは難しいです。このスライドには問題点がたくさんあるので、下の画像の中にピンクの文字で書き込みました。

 

下のスライドでは、書体を可読性の高いものに変更し、■全体を左揃えにし、■不要なインデントを削除し、■改行位置を工夫し、■全体の構造をはっきりさせ、■タイトル小見出しを目立たせ、■挿絵を入れました。とても簡単な改善の積み重ねですが、このような手間をかけるだけで、全体の構造が明確になり短時間で体系的に情報を受け取ることができます。色使いは好みですが、今回は挿絵の色に合わせています。

after

※上のようなスライドの改善例を今後増やしていく予定です。

 

 

 

inserted by FC2 system