伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

title

 

受け手は視覚に頼っている

1

学会や研究室のセミナーでは、なんの資料もなしに発表に臨むことは少なく、スライドやポスターといった媒体(メディア)を使って、研究成果などの報告を行います。それは、話し手にとっても聞き手にとっても、視覚的なメディアが情報伝達の大きな助けになるからです。人は、多くの部分で視覚に頼ります。言葉でいくら説明されるよりも、写真やグラフ、模式図を見るほうがよっぽどわかりやすいですし、口から発する言葉だけでなく、言葉を視覚化することは理解の助けになります。また、当然のことながら、研究という分野では、データ(研究結果)を見て議論することは必要不可欠です。このようなことから、研究発表において、よりわかりやすく、そして正確に情報を伝えるために、視覚的なメディアは欠かすことができません。

 

見やすい資料を作るのは発表のマナー

大きな声で、ゆっくり、はっきりと発表する。これは発表を聞いてもらうために誰しもが当たり前のように行なっている受け手への配慮です。このような聴覚情報に関する配慮と同様に、視覚情報に関する配慮も忘れてはいけません。視覚的配慮とは、資料を「読みやすく」することと、「見やすく」することです。文字の種類やサイズを工夫することで、資料は格段に「読みやすく」なりますし、文字や図形の配置や配色、資料全体のレイアウトを考えることで、資料は「見やすく」、理解しやすいものになります。

また、研究を発展させる上では、より多くの人に自分の研究成果やアイデアを伝え、議論することが重要です。学会のポスター会場で、小さな文字ばかりが並び読むのも一苦労なポスター、ぼんやりした色使いの目立たないポスターの前で立っていても、素通りされてしまうかもしれません。読みやすそうでアトラクティブなポスターであれば、思いもよらない人に話を聞いてもらえるかもしれません。したがって、研究発表においても「見栄えの良さ」、「美しさ」、「アイキャッチ」というのもある程度重要になってきます。すなわち「読みやすさ」「見やすさ」「見栄えの良さ」が三位一体となったとき、多くの人を惹きつける研究発表メディアが生まれるのです。

 

本サイトの目指すところ

データが悪い、ストーリーがわかりづらい、発表者自身の内容の理解・考察不足、喋り方が悪いなどの理由で、発表内容が相手に伝わらないこともありますが、プレゼン資料(スライドやポスターなど)に問題がある場合が多々あります。原因は様々ですが、フォントの選び方やレイアウトの仕方、図表の作り方が主な原因です。本サイトの目標は、ただカッコつけるだけのテクニックを紹介するのではなく、伝わる資料を作成するために必要な基礎的な情報デザインのテクニックを紹介することです。基礎的なテクニックは最も応用が効きます。ちょっと回り道をしているように感じるかもしれませんが、基本さえ理解すれば、少々複雑なポスターやスライドも簡単に作れるようになります。基礎的なテクニックを身につけ、よりわかりやすい発表資料を作成し、効果的な科学コミュニケーションを実現しましょう。

2

3

 

 

情報デザイン

 

 

inserted by FC2 system