伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

 

文字や文章の「読みやすさ」は、可読性、視認性、判読性という3つの要素から成ります。「可読性」とは文章が読みやすいか、「視認性」とはパッと見た瞬間の認識しやすさ、「判読性」とは誤読がないか、という指標です。書体(≒フォント)の種類や文字のサイズを変えたり、行間や字間を調節することで、これらの要素を高めることができます。ただし、どの要素を優先させるかは状況(分量や文字サイズ)によって変わるので、フォントの選び方などには慎重になる必要があります。

「読みやすく」では、まず、書体の選び方や使い方を解説し、そのあとで、「読みやすい文章の作り方」や「読みやすい箇条書きと段落の作り方」を解説します。それぞれ下のリンクから解説ページを見られます。

 

12345

 

 

inserted by FC2 system