伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン書籍化決定

トップページ伝えるとは読みやすく見やすくカッコよく実践

デザインで研究発表は変わります

 

研究者を対象にした学会発表や研究室のゼミ発表、研究者でない人を対象としたアウトリーチ活動などの科学コミュニケーションにおいて、研究者や学生は、自身の成果やアイデアを正確にかつ効果的に聞き手(聴衆や審査員)へ伝える必要があります。これらのことを意識せず、ただ闇雲に発表するだけでは、コミュニケーションは成立しません。発表者は、伝える工夫をして伝わるプレゼンテーションをしなければなりません。本サイトでは、伝わるプレゼンテーション資料に必要なデザインの基本的なルールやテクニックを「読みやすく」「見やすく」「見栄えよく」の3つの項目にわけて紹介していきます。

情報×デザイン=伝わる

 

 

目次

伝えるとは 読みやすく 見やすく カッコよく 実践
はじめに 書体の選び方 レイアウト 文字と文章 ポスター
情報デザイン 書体の使い方 色彩と配色 グラフと表 スライド
  文章の作り方 色覚バリアフリー 図形と挿絵 レジュメ
  箇条書き・段落 図と図解 レイアウト  
  オススメ書体 さらに見やすく 配色  
      その他  

 

制作者 制作者 次のページ

 

 

inserted by FC2 system