伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

 

スライドやポスターには「色」を欠かすことができません。白黒の単調なものよりも、いくつかの色を使ったものの方が魅力的ですし、理解を助けてくれることもしばしばあります。ですが、適当に色を選んだり、むやみにたくさんの色を使うことは良くありません。色の正しい使い方を覚えておくと、快適で見やすい発表資料ができます。

 

ごく簡単に色彩の基本知識

色を客観的に表わす方法はいくつかありますが、直感的に理解しやすいのが、おそらくHSV色空間(HSVカラーモデル、HSBカラーモデルともいう)です。これは、色相(Hue)彩度(Saturation)明度(Brightness/Value)の3つの要素で色を表そうというものです。

色相とは、赤や黄、緑、青などの「色味」を表す要素です。色味は細かく分ければキリがありませんが、暖色と寒色に大別することができます。なお、本サイトでは、便宜上、黄色を中心とするような色(左半分)を暖色系、青を中心とするような色(右半分)を寒色系としています。

彩度とは、「鮮やかさ」を表す要素です。同じ色相の色でも、彩度が高い色ほど鮮やかに見え、低い色ほどグレーに近くなります。彩度がゼロの場合、色味がないので、無彩色(黒や白、グレー)になります。

明度とは、「明るさ」を表す要素です。色相や彩度が同じであっても、明度が低いほど黒っぽく、高いほど明るい色になります。

 

 

背景と文字の色にコントラストをつける

「見やすさ」を向上するためには、コントラストがとても重要になります。「読みやすさ」のところでは、文字サイズや文字の太さを変えることで、文章間にコントラストを作る方法を述べましたが、ここでは、「色のコントラスト」の重要性を述べます。

下の例を見てください。これは、背景色と文字の明度にコントラストがない例です。これでは、読めません。背景が暗い色ならば、文字はできるだけ明るい色を使う必要があります。

 

当然、背景が白などの明るい色ときは、おしゃれに灰色の文字を使ったりせず、できるだけ濃い色、暗い色を使い、明度にコントラストをつけましょう。

 

 

明度が近い色の組み合わせは避ける

背景と文字の色を全く別の色にすればよいというわけではありません。下の例のように、色相が大きく異なっていても、明度が似ていて彩度が高い場合、文字がチカチカしてしまいます。このようなチカチカ現象をハレーションといいます。ハレーションを起こさぬよう、背景色と文字色の関係には充分注意して、色を決めましょう。たとえば、この場合は、文字の彩度を低く、明度を高くする(白くする)と読みやすくなります。

 

グレーの背景を使うときも要注意です。これも明るさが同じ色同士を使うと、とても読みにくくなります。このような場合は、明度にコントラストをつけて、文字を読みやすくしましょう。

どんは背景色にも、相性のいい文字色はあります。逆に、どんな文字色にも、相性のいい背景色はあります。いい相性を見つけるルールもありますが、ちょっと複雑です。なので、見る人の気持ちになり、試行錯誤しながらいい相性を見つけることが大切です。その際は、「コントラスト」を意識してください。

 

 

必要以上に多くの色を使わない

不必要にたくさんの色を使うと、それだけで見づらくなります。下の例は、読むだけなら問題ありませんが、いかんせん色数が多くて煩雑な印象を受けます。これでは、受け手に優しいデザインではありません。こんなときは、色数を減らす工夫をしましょう。一つの解決法は、下の例のように、すでに使用している色(下の例ならば、タイトル部分の青やグラフの赤)と同じ色あるいは同系色を使うという方法です。これで落ち着いた印象になり、見やすくなります。

 

「背景にどうしても色を付けたいけど、色数が多くなりすぎるのも困る」。そんなときは、「灰色」です。灰色は、無彩色といって、いわゆる「色」とは少し違い、色数が増えた印象を与えません。「灰色」なら、見る人の邪魔にもなりません。

 

 

 

inserted by FC2 system