伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

3

 

長い文章を書くとき、文字が小さければ読みにくいのは当たり前です。なるべく文字を大きくすることは、ユニバーサルデザインのために欠かすことができません。とはいえ、読みやすい書体を選んで、大きな文字で書けば、必ず読みやすい文章ができるわけでもありません。ちょっとしたレイアウトや文字の使い方によって、読みやすくも読みにくくもなります。ここでは、読みやすいスライド、ポスターを作るための文章のレイアウトテクニックを伝授します。具体的には、行間や字間の調整による可読性と視認性の高め方や、一行の長さの調節による可読性の高め方を説明します。

 

行間を調節して読みやすく

文章を書くとき、行間の調節は非常に重要です。しかし、PowerPointなどでは、フォントの種類にもよりますが、初期設定のままでは行間が狭すぎます。結論から言えば、フォントサイズの70%前後(0.7文字分)の行間をとるのが適当です。下の例を見ると明らかなように、行間が狭すぎたり広すぎたりすることのないように行間を設定し直しましょう。行間は一行の文字数や行数、文字サイズ、書体によって適切な量が変わってきますが、どんな時も適切な行間が存在します(一行文字数が少ない時は行間は狭めがよい、明朝体よりもゴシック体のほうが行間を広めに取ったほうがよい、など)。常に自問自答しながら、適切な行間を見つけてください。

g

 

箇条書きについては、次のページで詳しく述べますが、もちろん、箇条書きでも行間は重要です。下の例のように、行間を十分にとった方が読みやすくなります。

kajo

PowerPointでは、<書式>→<段落>→<インデントと行間>で、<行間>を<倍数>にして、<間隔>の値を変えることで、行間設定を変えることができます。初期設定のままでどれだけの行間が設けられるかは、フォントによって異なるので(メイリオやヒラギノなどの一部のフォントでは、初期設定のままでも行間がある程度適切に設けられる)、適切な<間隔>の値を一概に断言することはできません。行と行の間に、一文字分の高さよりも少し狭いくらいのスペースができるように行間を設定しましょう。

 

 

字間を調節して読みやすく

次は、字間について。文字同士が接してしまうほど近いと、とても読みにくい文章になります。また、字間を空けすぎても、読みやすくありません。字間がちょうどよくなるように調節しましょう。無闇にフォントを大きくするよりも、少し文字を小さくして字間を空けた方が、文章が読みやすくなります。ソフトの初期設定では行間が狭いことが多いので、字間をこまめに設定することをおすすめします(とくに字面の大きいメイリオなどの場合)。なお、PowerPointを使う場合、字間を「広く」という設定にすると、読みやすくなる場合が多いです。

もちろん、IllustratorにもWordにもKeynoteにも、字間を調節する機能があります。試行錯誤してみると、必ずベストな字間が見つかるはずです。

ただし、欧文に関しては、字間の調節はほとんど必要ありません。ですので、PowerPointで、英単語を含む日本語の文章の字間を「広く」に設定した場合は、英単語だけ個別に字間を「標準」に戻すとよいでしょう。英単語を広くするとかえって読みにくくなります。

 

 

一行の文字数を多くしない

レジュメなどでは、あまり心配する必要はありませんが、スライドやポスターなどでは、一行の文字数が多すぎるのは好ましくありません。一行の字数が多いと、次に読む行を見失いやすくなりますし、大きなスクリーンに映っている場合には、目線を大きくかつ繊細に動かす必要があるので、文章を目で追うだけで疲れてしまいます。下の例のように、文字サイズやレイアウトを工夫して、一行文字数を減らすと、ずっと読みやすくなります。とはいえ、一行文字数が少なすぎても、読みやすさは低下してしまいますので、一行の文字数は読みやすさに配慮して適切に設定する必要があります。

明確な基準はありませんが、日本語の場合は、一行文字数が10文字以下になると、英語の場合は、3単語以下になると読みにくくなると思います。一行文字数で読みやすさが変わることを意識してレイアウトしましょう。

 

近年、多くの学会では、「A0サイズ」のポスターを使ったポスター発表が行なわれています。このような大判ポスターで、しばしば左から右に目一杯文章が書かれることがあります。しかし、これでは、文章が非常に読みにくくなってしまいます。

大きなポスターでは、右から左にぶち抜くような文章になることを避けるために、レイアウトを工夫する必要があります。たとえば、下の例のようにレイアウトを変更するとよいかもしれません。こうすれば一行文字数が長くなりすぎることはありません。講演要旨など、ある程度量のある文章を入れるときには、このような工夫が必要です。

なお、ポスターでもスライドでも言えることですが、上の例のようにたくさんの文章を書くことは、あまり良いことではありません。情報を洗練させ、文字数を減らすことが先決です。

 

 

アンバランスな改行は避ける

つぎに、段落を作るときの注意点です。段落の最後の行が短すぎるような改行は避けましょう。最後の行は句読点を含めて「最低でも4文字」ほどあった方が良いです。4文字以下になってしまう場合は、文を長くするなり、短くするなり、あるいは一行の字数を変更するなりしましょう。改行の位置の違いだけで、こうも読みやすさが変わります。下の例をご覧あれ。

アンバランス

 

 

英文の両端揃えには要注意

大抵のソフトでは、段落の設定で、「左揃え」や「右揃え」、「中央揃え」、「両端揃え」を選択することができます。読みやすさや見栄えを優先するなら、日本語の場合も英語の場合も「左揃え」「両端揃え」を使うことが基本です。ただし、英文で、一行文字数が少ない場合には、両端揃えを避ける必要があります。

下の例のように、一行が比較的長い場合(①)には、両端揃えにしても問題ありませんが、一行が短い場合(②)には、両端揃えにしてしまうと、単語の組み合わせによってはワードスペースが空きすぎてしまい、可読性が低下します(デザイン的にも不格好)。このような場合は、③の例のように、左揃えにしましょう。右端がガタガタになることを恐れる必要はありません。

3

2

1

 

 

inserted by FC2 system