伝わるデザイン

トップページ 伝えるとは 読みやすく 見やすく 見栄えよく 実践
伝えるとは

 

d

 

ポスターやスライド、その他の配布資料を作るときのおすすめ書体をまとめておきます。書体の選び方や使い方の項目で解説したように、重要なのは、可読性、視認性、判読性を意識しながらの「TPOに合わせた書体選び」です。すでに説明した通り、●短文か長文か?●読みにくい書体ではないか?●太字・斜体に対応しているか?●ユニバーサルデザインか?ということに着目してオススメフォントを紹介します。ここまでで触れてきませんでしたが、汎用性・互換性にも注意して使用してください。

最後にPowerPointにおけるフォント関連の役立ちテクニックをいくつか紹介します。

 

ゴシック体(和文書体)

Winならメイリオか游ゴシック、Macならヒラギノなど

まずは、ゴシック体。スライドやポスターなどの発表資料は、基本的にゴシック体で作りましょう。フォント選びで考慮すべきなのは、「視認性と判読性の高さ」と「太字に対応しているか(複数のウエイトの書体があるか)」ということです。

Windowsならば、メイリオ(Vista以降)がおすすめです。このフォントは2つの太さが用意されていることと、可読性、判読性が高いことがとてもよい点です。UDフォントにも近い文字です。Windows XPには標準搭載されていませんが、公式HPでダウンロード&インストールが可能です。ただし、個人的な印象ですが、メイリオは、スクリーン上では本来の力を発揮するものの、印刷物は少し苦手なようなので、スライド作りに活用しましょう。一方、Macならば、ヒラギノ角ゴファミリーという書体ファミリーがオススメ。この書体はとても読みやすく、スライドやポスター向きの書体です。ただし、互換性の観点から考えて、他人のPCを使ってプレゼンなどをする場合は、Macユーザーもメイリオを使っておくのが良いかもしれません。

最近では、Windows 8.1以降、Mac OS 10.9以降で、游ゴシック体というフォントが標準搭載されています。このフォントは非常に綺麗なフォントで、太さのバリエーションも豊富ですので、使い勝手がよいでしょう。メイリオとは違い、印刷物にも相性の良いフォントです。これからは、Windowsでも美しい資料が作りやすくなったと思います。

フォント

上のフォント以外には、WindowsならTBゴシックファミリーやHGゴシックファミリーなどがおすすめです。HGゴシックファミリーは、MSゴシックの兄弟のようなものですが、MSゴシックよりも、細いフォントと太いフォントが存在します。MSゴシックは太字に対応していないのが大きな欠点なので、HGゴシックファミリーを駆使することで、文章にアクセントをつけやすくなると思います。より太いフォントが必要な場合は、HG創英角ゴシックUBと組み合わせるのも良いでしょう。ちなみに、MSとか、TBとか、HGとか、フォントの前に書いてあるアルファベットは会社の名前です。もちろん、MSはマイクロソフトです。

また、OSに関わらず、Adobe製品(Illustratorなど)をインストールすれば、「小塚ゴシック」や「りょうゴシック」なども使えるようになります。いずれも美しいフォントです。

 

 

 

さらに上を目指すあなたへのゴシック体

可読性や視認性、判読性が高くなるようにデザインされたユニバーサルデザイン書体なるものがいくつもの書体メーカーから販売されています(ヒラギノUD書体、UD新ゴ、つたわるフォントなど)。その一つが、「イワタUDゴシック」。下の例でもわかるように、非常にはっきりとした字体で、スライド作りにはもってこいです。「AXIS」、「新ゴ」というフォントもとても有名な読みやすい書体です。どちらもそこそこ値が張りますが、購入する価値はあります。いずれも、多くのウエイト(太さ)が用意されています。

新ゴ

新ゴ

 

 

ゴシック体のフリーフォント

IPAexゴシックやMigMix1Pなど、使い勝手の良いフリーフォントはいくつかありますが、現時点で最も良い(少なくともWindowsで)ゴシック体のフリーフォントは「Noto Sans CJK JP」です。視認性、可読性、判読性の全てが高いフォントです。MSゴシックやヒラギノ角ゴよりも現代的で、メイリオほどは未来的でなく、素朴な字形をした美しいフォントです。しかも、半角英数字が等幅ではなくプロポーショナルですので、このフォントだけで欧和混植の文章でも美しい書類を作成できます(つまり、わざわざ英数字だけフォントを変える必要がない)。そして何より素晴らしいのが、ウェイトが7つもあるということ。これだけあれば、見出しから本文まで様々な用途に使うことができます。メイリオやヒラギノ角ゴよりも使い勝手がよいかも(互換性の問題を除いて)。

Windowsでは、どのソフトでも正常に動くようです。Macでも、IllustratorやKeynoteでは正常に動きます。しかし、Mac版のOfficeでは、現時点ではあまり正常に動作しないようです。Mac版Wordでは使えそうにありません。Mac版PowerPointでは、文字を選択後、<右クリック>→<フォント>と進み、Noto Sans CJK JPを選べば使用することが可能です。

Windowsユーザーにはかなりオススメのフォントです。Macユーザーは現時点ではヒラギノフォントを使っておくほうが無難かもしれません。でも、太さのバリエーションはとても魅力的です。

ダウンロードは「こちら」から。

ipaex

注)当然ながら、このフォントがインストールされていないパソコンでファイルを開いた場合、これらのフォントを指定した文章は別のフォントに置き換わってしまうので、自分のパソコンでのみ使う書類(スライドを含む)、印刷して配布する書類、PDF化する書類に限って使用してください。

 

 

明朝体(和文書体)

ここからは、明朝体のおすすめフォントを紹介します。レジュメや、配布資料を作ったりするときなど、比較的長い文章を書かなければならないときに活躍します。つまり、可読性の高いフォントです。ゴシック体では、複数の太さ(ウェイト)が揃っていることが重要でしたが、明朝体には太さが一つしかなくてもそれほど問題ありません。それは、明朝体で書いた文章における強調箇所では、「ゴシック体」を使えばいいからです。

Macならヒラギノ、WinならMS明朝か游明朝

Macには、「ヒラギノ明朝」という可読性が高く美しいフォントが搭載されています(太さは2種類)。Macならほとんどの場合、このフォントを使っておけば大丈夫です。Windows(Windows 8.1以降)には、游明朝体というフォントが標準搭載されています(太さは3種類)。このフォントは可読性が高い上に非常に美しいフォントです。MS明朝の代わりに游明朝を使えばどんな資料も美しく生まれ変わるはずです。とはいえ、Windows8以前のWindowsに搭載されている明朝体には、読みやすいフォントはあまりありません。互換性のことも考えれば、現実的にはMS明朝を使うのがベターです。太い明朝体を使いたければ、HG明朝(MS明朝の兄弟)などが良いでしょう。

フリーフォント(下で紹介)を使えば、Windowsでも、MS明朝の何倍も何十倍も美しく読みやすい文章を作ることが可能です。

 

Adobe製品(Illustratorなど)をインストールすれば「小塚明朝」や「りょう明朝」も使用できるようになります。これらのフォントは太さのバリエーションも豊富ですので、なにかと重宝すると思います。

 

 

フリーの明朝体フォント

Windowsでも最新のOSであれば「游明朝」という美しいフォントを使うことが可能ですが、それより前のOSだと、普段使いできる明朝体はMS明朝くらいしかありません。しかし、繰り返し述べている通り、MS明朝は、互換性の高さを除けば、あまりいいところはありません。英数字や平仮名が美しくなく、読みやすいフォントではないのです。そこでオススメしたいのは、IPAex明朝(Win・Macともに使用可)。このフォントは、フリーフォントにも関わらず、MSゴシックに比べ圧倒的に平仮名がキレイであること、そしてなんといっても、英数字がプロポーショナルフォントであるというのが魅力的です。英数字だけフォントを指定しなおしたりする必要もありませんので、このフォントさえあれば一通りの文章が書けてしまいます。もちろんMacのヒラギノフォントや有償のフォントには敵いませんが、このフォントを使えばWindowsでも美しい文章を書くことができるようになります! ここからダウンロードできます。

明朝

 

下図のようにMS明朝と比較すると違いは明らかです。企画書、申請書類、レジュメなどの文章にこのフォントを使用すれば、今までの資料も生まれ変わります。MS明朝よりも少しだけ太いフォントなので、Times New Romanなどの欧文フォントとも相性が良いです。画像ではわかりにくいですが、使ってみればその効果がわかるはずです。ただし上でも述べたとおり、フリーフォントは自分のパソコンでのみ使うファイル、印刷して配布する資料、PDF化するファイルに限って使うようにしてください。

明朝

 

 

サンセリフ体(欧文書体)

Windows, Macともにいろいろあります

サンセリフ体は、Arial(Windows)やHelvetica(Mac)がもっともなじみがあると思います。これらのフォントは可読性や視認性がそれほど悪いわけではないのですが、初期設定でしばしば使われるフォントですので、これらのフォントを使用した資料は、ちょっと手抜きに見えてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、下の例のような「Corbel」と「Calibri」です。おそらく、MacでもWindows(Vista以降)でも、Office製品をインストールしたパソコンなら搭載されています。どちらも可読性・判読性の高い洗練されたサンセリフ体です。ArialやHelveticaよりも現代的なデザインのフォントなので、資料の印象もずっと良くなります。Corbelの数字にはちょっとだけ癖がありますので要注意ですが(オールドスタイルと呼ばれます)。

aa

 

Corbel や Calibriは字面が小さくデザインされているので、困ったことに日本語との相性がよくありません。日本語と組み合わせる場合は、字面の大きい「Segoe UI」や「Tahoma」というフォントなどが適しています。ただし、Tahomaは斜体に対応していないので、Segoe UIの方が使い勝手が良いと思われます。Segoe UIは最近のWindowsに標準搭載されている美しいフォントです。

a

f

 

最近のMacには、Helvetica Neue というフォントが搭載されています。このフォントは、Helvetica を現代的なデザインにリニューアルしたものです。Helvetica よりもさらに可読性が高くなるように作られているばかりではなく、極細から極太まで様々な太さのフォントが揃っているのでとても使い勝手がよいです。AvenirやMyriadなども美しく使い勝手の良いフォントです。

my


a

 

さらにこだわりたいということであれば、可読性・判読性の高い「Frutiger」や「Univers」などのフォントもオススメです。ただし、このような美しいフォントは、標準的なフォントではありません。このような「フォント集」などを購入することで、比較的安く、様々な書体を手に入れることができます(フォント名が変わっている場合があります)。


 

 

セリフ体(欧文書体)

Win、Macともに多数ありますが、Centuryは避ける

一方、セリフ書体は、可読性が高く、太字や斜体が揃っていることが重要です。そういった意味では、Times New Roman(Macでは、Timesがほぼ同じ)は、それほど悪くなく、普段使いにはもってこい。もう少しこだわりたい人は、Minion Pro(最近はWinにもMacにも搭載されている可能性大)やCambriaがオススメです。Minion ProはTimes New Romanよりも美しい上に、太さのバリエーションも豊富なのでかなりオススメ。アドビ製品をインストールすれば、Adobe Garamond Pro や Adobe Caslon Pro、Adobe Hebrew などの美しいフォントも使えるようになります。これらは、Times New Romanよりも伝統的で品格のある印象の書体です。なお、Centuryは、斜体や太字がないうえに、可読性も低く、美しくもないので、使わない方が賢明です。Office製品の初期設定が、しばしばCenturyなので、こまめに違う書体に変更しましょう。数式などを含む文章を美しく記述することができる Century Schoolbook は、斜体も太字も備わっていて、有用な書体です。

se

se


 

 

PowerPointにフォントを埋め込む

他人のパソコンを使用してプレゼンをする場合は、そのパソコンに自分の使ったフォントがインストールされているかが大きな問題になります。インストールされていなければ、フォントが勝手にMSゴシックなどに置き換えられて表示されます。そうすると、読みやすさが低下するばかりか、レイアウトも滅茶苦茶になってしまうことがあります。もちろん、汎用性の高い書体(例えば、MSゴシックやHG英角ゴシック)だけを使う方法や、PDFファイルに変換したスライドで発表するという手もありますが、スライドのファイルに「フォントを埋め込む」という方法があります。この方法を使えば、どのパソコンでも自分の好きなフォントでプレゼンすることができます。下記のような手順でフォントを埋め込むことができます。

*この方法は、Windows版のPowerPointでのみ使える方法ですのでご注意ください。

*フォントを埋め込んだ場合、設定によっては、他人のパソコンでファイルを編集できなくなります。

 

ファイルの保存時に「名前を付けて保存」をクリックすると、下のようなウィンドウが現れます。このウィンドウの下部にある「ツール(L)」をクリックし、「保存オプション(S)」を選択します。

 

すると、下のようなウインドウが現れます。このウィンドウの中央よりやや下の「ファイルにフォントを埋め込む」にチェックを入れ、「使用されている文字だけを埋め込む」を選択します。これでフォントの埋め込みが行なわれます。この方法だと、ファイルサイズは比較的小さく済みますが、他人のパソコンで自分のファイルを編集することができなくなりますので、十分にご注意ください。

他人のパソコンでもファイルを編集できるようにするためには、「すべての文字を埋め込む」を選択してください。ただし、すべての文字を埋め込むとファイルサイズはかなり大きくなると思いますので、あまりお勧めできません。使用するフォントの種類を減らせばファイルサイズが比較的小さくなるかもしれません。

 

 

全ページのフォントを一括で変更する

PowerPointで過去に作ったいくつかのスライドの寄せ集めで、新しくプレゼンするなんてことはよくありますが、過去の遺産の寄せ集めをすると、ページごとにフォントがバラバラになったりします。ふつうにスライドを作っているときにも、ページごとにフォントが統一されていないことがあります。過去の自分のフォントのセンスに愕然として、すべてのページのフォントを心機一転したいこともあります。しかし、これらのフォントをひとつひとつ確認して、ひとつひとつ修正するのはちょっと面倒です。

そんなときは、PowerPointの「フォントの置換」という機能を使うととても便利です。下図のように、<書式>の中の<フォントの置換>を選択すると、置換前のフォントとして、現在のファイルで使用されているフォントの一覧が出てきます。ここでどのフォントをどのフォントに置換するかを選択すれば、全ページのフォントが一括で置換されます(詳細な説明は省略)。

 

 

inserted by FC2 system